出会いの達人 >> 出会い系サイトでのメールの出し方


出会い系サイトでのメールの出し方

▼ 出会い系サイトでの女の子への申込みメール。

あなたはこんな感じで送ってませんか?

「最近、ヒマしてます。遊ぼう!!」とか、
「彼女がいなくてさみしいです。楽しくお話ししましょう」
とか。たった、これだけ。

はっきり言わせてもらいますけど、男性達のボキャブラリーの
少なさ、バカじゃないのと思います。

ほんまなさけない。薄っぺらな内容は
さておくとしても(さておけないのだが)、
何がなさけないって、男のメールは「みんな同じ」だってことです。
こんなん目立ちません。

メールなんて目だってなんぼの世界です。

そして、こんなメールはダメだってことはもはや、
出会い系サイト攻略の基本原則になっているはずなのです。

にもかかわらず、こんなメールばっかり送って
「どうして返事が来ないんだろう」なんてぼやく男は、たぶん100年後もぼやいてることでしょう(笑)

ということで、申込みメールは、
相手の女の子のプロフィールに合わせて、
気に入られるように懇切ていねいに書くべきだと、
こういう意見があります。

これはいいことですよね。理想的です。
しかし、仮にそれをしたとしてどれほどの確率で返事が
返ってくるかってことも考えねばなりません。
もし1人の相手に30分も1時間もかけて頭捻って文章考えて
申し込んで、返事が返ってこなかったら、精神的にもしんどいってもんです。
(文章は長ければいいというものでもないし)

相手には相手の都合というものがあるのです。
シェイクスピア顔負けの名文を書いたとしても、
返事がない相手からは返事がないのです。

▼ 出会い系サイトでの女の子への申込みメールの結論。

ということになると、どうすればいいのか。
効率性からいえば、
定型的な文章でたくさんメールを送った方がずっといいのです。

女性の方からみたら、印象悪いでしょうが、
「数打ちゃ当たる」方式でたくさんの女の子にメール
打ちまくるのは合理的であり、当然の作戦だってことです。
きれいごと言ってたってダメなんです。

では、有効なメールを大量生産するにはどうすればいいか。
結論としては、

1.申込みメールには、相手と話が合いそうだということと、
  自分セールスポイントをさりげなくアピールした内容くらいは
  文面に盛り込むことが必要。

2.といっても、その都度文面を考えるのは大変なので、
  女の子の趣味、年齢、地域などに合わせてあらかじめ
  何パターンか申込みメールを作っておく。

3.相手のプロフィールに応じた文面を選んで機械的に送る。

これくらいの工夫は必要かと思います。
返事が来なくて落ち込むヒマがあったら、メールを量産しちゃいましょ!!





Copyright (C)2006 出会いの達人 All Rights Reserved