出会いの達人 >> 合コンの達人 >> 一次会での注意点


一次会での注意点

▼ 女同士で会話をさせてはいけません。

合コン成功のポイントは、「みんながツーショット」状態に
早くもっていくことだ、という話を前回しました。
しかし、それを妨げるものがあります。
それは女同士の会話です。
女性には失礼ですが、これがなかなかタチが悪い。
女友達というのは、とにかくお喋りなもの。
彼女たちが内輪話を始めると、男はもうそこに入れない。
会話のきっかけを失って、時間はどんどん過ぎていく・・・
ということがあります。

「なんで合コンの席でしなくていいような内輪話をするのか。」
「女同士で喋って何がコンパやねん。」

という男性陣の心のつぶやき。よーくわかります。
しかし、女性側にしてみれば、「男が会話を盛り上げて
くれないから、しょうがなしに女同士で喋っているのよ!」
てな反論もあります。

なるほど考えてみれば、コンパ慣れしていない男が、
女の子に話しかけづらいために、ついつい男に喋りかけてしまう
ということがよくあります。それも内輪にしかわからない仕事の話題で
あったり、女の子受けしないネタであったりね。
やがて、つまらないから女同士でお喋りしてしまう・・・

あー。これはいけません。
彼は沈黙にならないように気を使って、喋っているのかも
しれませんが、実はみんなの足を引っ張ってるんですよね。

まあ、いずれにせよ、男も女もコンパの席でわざわざしなくても
いいような会話は慎むべきでしょうね。

と、ここまで書くとおわかりでしょうか。
男女交互に配席するというのは、ツーショットに持ち込みやすい
というだけでなく、女同士を「くっつけない」という意味もあるのです。
(女性読者の方ごめんなさいね)

女同士の会話(もちろん男同士のつまらん会話も)を遮断する状況を
作るわけです。これもツーショットへの道につながっている
ということがおわかりでしょうか。

と、これまで、「席は男女交互に座るべし」という大鉄則の
理由について述べてきました。
しかし、実は、まだこれだけではありません。
恐るべき秘密(?)がこの鉄則の中に隠されているのです。
次回をお楽しみに。




Copyright (C)2006 出会いの達人 All Rights Reserved